忍者ブログ

わんこ・淫乱・血

500円以下(税別)で食べられる、ワンコインランチの可能性を探ります。 以前は「居酒屋メニューコレクション」というブログだったので、その頃の記事も残っています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

池袋・天下鳥ます/白身魚のフライとからあげ定食(480円)


なにか力強いおかずで白米をガシガシと搔き込みたい気分になりながらふらふらと歩いていると、ここが目に付いた。

そういえば、数年前に“からあげ酒場”としてオープンした時に気になってから結局行ってないなと、入店してみることに。

絶妙に寂れ、雑多な店内。
センセーショナルに開店し、“天下鳥ます”などとダジャレの名前を付け、そして数年を経てくたびれ始めたこんな雰囲気、嫌いじゃない。

からあげ定食(唐揚が6個)と迷ってこちらを注文。



白身魚のフライとからあげ定食(480円)

野菜っ気が無い。
メインの皿にポテサラと少しの千切りキャベツが乗っているが、ポテサラはマヨネーズ濃厚、キャベツはごま油味。
あまり健康的とは言えないが、そもそもそういうものを求める店ではないか。

付け合わせは鳥皮たっぷりの味噌汁と、鳥皮ポン酢。
鳥皮が余ってしょうがないんだろう。



唐揚は3個。
大変柔らかく揚がっていて、少し薄味。
米に合わせるなら、やたらと種類のあるトッピングのソース(40円〜)を追加した方が良かったのかも。
白身魚フライはサクッと揚がっていた。

とにかくご飯が大量な上に唐揚はマイルドなので、米対おかずの割合計算に気が気じゃない。
高校時代にクラスメイトの小山ってやつが「オレ学食の唐揚弁当、唐揚を一個残して米全部食えるぜ」と自慢してきて、「どうでもいいなこいつ」と思った記憶があるが、今になって小山にその技を教わりたくなるとは思わなかった。

なんとか完食。
当初の目的が果たせて良かったけど、さすがに苦しい。
性格的に、よっぽどのことがないと残せないんだよな。



店内には芸能人のサインもたくさん飾ってあり、ふと、鉄拳と長井秀和が並んでいるのを発見。
それぞれの芸人人生の浮き沈みと現在に思いを馳せると、なんとも言えない気持ちになり、店を出た。


PR

池袋・かるかや/釜揚げうどん(400円)


ブクロっ子にはお馴染み、池袋西武屋上にあるうどんの「かるかや」。
「孤独のグルメ」漫画版にも登場するので、B級グルメファンにも有名な店だろう。



こんな感じの、注文して受け取ってその辺のテーブルで勝手に食べるフードコート方式。
屋上にあるので天気のいい日は特に気持ち良く、暖かくなってくると来店頻度も上がる。



釜揚げうどん・温(400円)

湯の中にたっぷりのうどん、つけつゆには、ネギ、揚げ玉、生卵が入る。
揚げ玉はちょっと珍しいくらいにカリカリと固めでおもしろい。

ここの特徴は何と言っても“麺”で、この価格ながら正真正銘の手打ち。
同じく西武デパートの地下一階にある、テイクアウト専門「かるかや」で打ったものを使っている。

ちなみにそこではたまに、平べったい“うどんの切れ端”が格安で売られていることがあり、これを家で茹でて醤油で食べたりするのもうまい。



太さが不揃いなのも特徴の一つ。
それがいかにも手打ちらしくていい。

細い部分はかなり柔らかく、最も太い部分だと若干芯が残ってるくらいだったりして、高級うどん屋で出てきたら首をかしげてしまうかもしれないが、ここではそういうのが逆に嬉しい。

有名店なので行列ができてることもあるけど、基本どんどん茹でてどんどん提供するだけなので、そんなに待つことはない。
一階下のレストラン街は昼時になるとどの店も何十分待ちの大行列が出来ているが、ここは別世界のように優雅な空間だ。



ちなみに写真にペットボトルのお茶が写っているので「合計すると550円じゃないか!ズルじゃないか!」という人がいるかもしれないが(いないか)、あれはヤマダ電機の地下二階日用品コーナーで88円で買ったのでセーフ。
残念でした!

最近ペットボトルのお茶系だと、この「贅沢冷茶」と「ヘルシールイボスティー」ってやつが好き。


池袋・満留賀/もりそば(500円)


イイヤンさんが、用事で池袋に来たのでよかったらランチでも、と誘ってくれたのでご一緒させてもらう。

ファーストフードや立ち食い蕎麦ではなんなので、蕎麦屋の「満留賀」へ。



もりそば(500円)

歯応え、のどごしが素晴らしく、普段食ってる立ち食いの倍以上の値段だけど、きっちり倍以上美味い。
つゆもしっかりと出汁の香りがして、あぁ、ちゃんとしたもの食ってるな、という満足感。

昼時を少し過ぎてたので店内はゆったり。
「もう大丈夫です」というまでお茶(そば茶かな)を注ぎにきてくれるのもありがたい。



酒やつまみも充実しているので、今度はゆっくり飲みに来てみようかな。


椎名町・南天/肉そば(420円)


職場のある池袋周辺で満足度の高いワンコインランチというと、真っ先に思い浮かぶのが椎名町駅北口目の前にある立ち食いそば/うどん屋「南天」。

言わずと知れた肉そば/うどんの名店だ。



肉そば(420円)

自分はそばが好き。

いわゆる立ち食い的なコシのあまりないそばなんだけど、それをほぼ覆い隠すように盛られた、甘辛く煮込まれた豚肉がとにかく圧巻。
これをそばと同時にすすっていくと、必ず最後に余るのは豚肉の方という、豚好きの自分としては天国のような店だ。

脂身が多くないので、これだけの量でも全く胃にもたれないのもいい。

他にもメニューはあるけど、ほとんどの客は肉そばか肉うどんを頼んでいる。
自分のもう1つのお気に入りはキャベツそば(370円)で、同じように甘辛く煮込まれた大量のキャベツが具となり、究極に胃に優しい一杯と言えるだろう。

店内にはなぜかいつもレゲエ調の有線がかかっていて、これは若い店主さんの好みなのかな?
接客もとてもいい感じ。

揚げ玉がフリーだったり、毎月29日は“肉の日”で特別価格380円になるなど、嬉しいポイントを数え出したら切りがない。

江古田にも支店があり、こちらは以前はラーメンを出したりもしていたんだけど、結局そば/うどんに落ち着いたようだ。
立ち食いではないので落ち着いて食べられる江古田店もまた、好きな店。

ちなみに500円でお願いできる“肉ダブル”にはまだ未挑戦…。


ブログの内容を変更します

居酒屋メニューコレクションというタイトルで始め、ずいぶんとほったらかしていた当ブログですが、急に思い立ったのでランチブログに変更しようと思います。
タイトルも変えました。

よろしくお願いします。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ここから下の記事は旧ブログ「居酒屋メニューコレクション」の内容になります。


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
パリッコ
性別:
男性
自己紹介:
色々やってますので詳しくは上のホームページをご覧下さい。
ここはランチ専用のブログです。

ブログ内検索

最新コメント

[05/15 宙]
[05/15 宙]
[04/14 パリッコ]
[04/11 宙]

最新TB

バーコード

アクセス解析

Copyright © わんこ・淫乱・血 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]