忍者ブログ

わんこ・淫乱・血

500円以下(税別)で食べられる、ワンコインランチの可能性を探ります。 以前は「居酒屋メニューコレクション」というブログだったので、その頃の記事も残っています。

池袋・くさの / せいろ蕎麦(500円)


昼間、池袋東口の飲み屋街「美久仁小路」をふらふらしていたらこんな看板を見かけた。



美久仁小路は昭和の面影を残す、こじんまりとした酒場やスナックが並ぶ横丁。
ランチをやってる店は珍しいので、興味を持ち入ってみることに。



「くさの」というお店らしい。
外観はいかにもな飲み屋。

店内はカウンター中心で、定員は10数名といったところだろうか。
隅々まで清潔でずらっと酒が並び、お昼を食べるにはちょっとソワソワしてしまう環境。

さっそくせいろ蕎麦を頼むと、温かいおしぼり、そして水と小鉢が出てきた。



価格はワンコインだけど、そこらの立ち食いとはあきらかに違うサービスに、なんとなく背筋が伸びる。

小鉢はとろみを付けた野菜と厚揚げの煮物。
甘めの優しい味付けでとても美味しい。

いくらあっさりと済ませたい気分の日でも、昼にせいろ蕎麦一枚だけの時って、「あとひと味なにか欲しい」って気持ちになったりするので、これはとてもありがたい。

すぐに蕎麦も到着。



せいろ蕎麦(500円)

美しい見た目に期待が高まる中さっそく一口手繰ってみると、わ!うまい!

細めで角の立った蕎麦は歯応え十分、喉越しも抜群。
香りもしっかりとして、あきらかにワンコインで食べられるレベルを超えている。



限定15食の手打ちだそうで、ご主人が蕎麦好きだからランチも始めちゃったって感じなのかもな。

あっと言う間にたいらげ、そば湯で締めてごちそうさまでした。
いいお店を見つけたなぁ。


さらに嬉しいことに、壁には夜のメニューも貼ってあったんだけど、そっちがまた魅力的!

こだわりを感じるラインナップの日本酒は全て90ml(一合の半分、五尺)単位で提供され、2〜300円台が中心。
料理もどれも酒に合いそうなものばかりで、全般的にとてもリーズナブルだった。

思わず流れで注文してしまいそうになったけど、今はランチタイム。
今度は17時以降に、絶対飲みに来てみよっと!




PR

池袋・松屋 東池袋店 / ハッシュドビーフ(480円)


嫌いではないが、牛丼を年に数回も食べない自分にとって、松屋は完全に“カレー屋”。
他の牛丼チェーンの追随を許さないクオリティで並盛330円という価格は素晴らしく、松屋ではほぼカレーしか食べない。

ところがここ最近、ちらほらと松屋の新メニュー「ハッシュドビーフ」を絶賛する声を聞いた。

具材をルーで煮込み、ご飯にかけるのはカレーと一緒。
なんだか期待が持てそうだと、無性に気になり、実際に食べてみることにした。



ハッシュドビーフ(480円)

カレーと同じ大きめの皿に乗っていて、ライスはかなりボリュームがある。
ハッシュドビーフソースの真ん中に、温泉卵がデフォルトで落としてあるのが嬉しい。
福神漬けも乗っているが、カレーじゃないけど合うんだろうか?
それに位置が変。



一口食べてみると、甘酸っぱしょっぱくて味が濃く、白いご飯には確かにぴったり。
牛肉とマッシュルームをふんだんに使ったという具材は、ほとんどが細かく溶けてしまっているけれど、スプーンですくうごとにきちんと口に運ばれ、食感を感じ、物足りなさはない。
心配していた福神漬けも、考えてみれば甘酸っぱいという味の方向性は一緒なので、違和感なくアクセントになる。

ただまぁ、この値段のものにそこまで求めることが間違っているんだけど、食べてみて驚くほどの深みやインパクトはなく、もったり感もごく平均的。
耳にした絶賛の声によって、ちょっと期待値が上がりすぎちゃってたかな。

最後まで美味しく頂けたけど、次からはやっぱり、自分はカレーに戻っちゃうだろうな。
なんにせよ選択肢が増えたのはいいことだ。


ちなみに、カレーを頼む時もだいたいトッピングに温泉卵を頼むんだけど、はしたないと思いつつ絶対にやってしまう食べ方がある。
それは、“温泉卵を半分だけ、白米のソースのかかっていない部分に乗せ、醤油と七味をかけて、ミニ卵かけご飯として食べる”というもの。



これがたまんないんだよな。
このハッシュドビーフは、最初からそれができる組み合わせというのがいい。


練馬・三愛そば / おろしそば 冷(380円)


昼休み、今日は一駅隣、椎名町「南天」の肉そばにでもしようかと池袋から西武線に乗ったら、準急だったようで、うっかり練馬まで連れてこられてしまった。

流れに逆らうのも面倒なので、とりあえず駅を降りてみる。

すると、



南口を出てすぐの「三愛そば」が小綺麗に改装されていた。

以前の店舗の年季の入りっぷりといったらそりゃ〜度を超えていたんだけど、いい機会だし入ってみることにする。

自分もほとんど来たことがないので推測でしかないが、メニューはごくオーソドックスで、外観と内装以外は特にリニューアルなどはされていないよう。

気になったのが“温”メニューより“冷”メニューが総じて50円ほど高いことで、こういう立ち食い蕎麦屋ってたまにあるけど、そんなに冷やしメニューって手間がかかるんだろうか?

今後研究したいテーマのひとつだ。




おろしそば 冷(380円)

を注文。

初めて日本に来た外国人に「どうしても筋金入りの“ジャパニーズ茹で置きソバ”を味わってみたい!」とせがまれたら連れてきてあげるといいんじゃないか、という一杯だった。

こういう店では、温かいかき揚げ蕎麦を頼んでモロモロに崩しながら食べる方が無難だし、確実に満足度が高いだろう。


練馬駅前は、あのチェーンの「山田うどん」と過去に関係があったが、近年はそれを否定していたというよくわからないの噂のある



「山田うどん」も見ての通り潰れてしまったし、立ち食い蕎麦不毛の地だな〜。




そっけない挨拶文にコメントが一件。
侘しい。


池袋・嵯峨谷 / 納豆そば 冷(450円)




美味しかった〜。


池袋・爽亭 / 天ぷら3種そば(480円)


「爽亭」は池袋、上野、荻窪、登戸などに支店のある立ち食い蕎麦屋。
基本的に駅構内やホームに店舗を構えるお店のようだ。

池袋店もJRの改札内にあるので、お昼ご飯に利用する頻度はそんなに多くないが、たまに電車に乗って外に出る用事がある時などは、普段とは気分を変えて寄ってみる。



名物は、なんといっても“乗せ放題”サービス。

こんな感じ↓
脅威の7種トッピングを+150円で全乗せ!駅そば「爽亭」の乗せ放題サービスがすごい

立ち食い蕎麦好きとしてはひとつの頂点、夢のメニューといえるが、このサービスを利用するならせっかくだから全部乗せに挑戦したいし、となると相当コンディションを整えてかからないと敗北は目に見えている。

だいいちまず、池袋店では今このサービスをやっていない。

そこで選んだのがこちら。



天ぷら3種そば(480円)

見ての通り、ゴボウ天、春菊天、かき揚げと、3種類の天ぷらが乗っている。
爽亭らしい豪快さもありながら、お昼にふらっと寄って食べることも可能な範囲のボリューム感。

甘すぎず辛すぎず、出汁重視のツユはバランスが良く、そこにゴボウ天から出た風味がプラスされてとてもいい塩梅。

色の薄い麺は、蕎麦の風味こそあまり感じられないものの、立ち食いによくあるボソボソ感がなく、角が立ち、歯応え、のどごしはしっかり。

天ぷらは、揚げたてではないのでサクサクはしていない、ツユに浸しモロモロ感を楽しむタイプ。
それぞれ半分に切ってあるので胸焼けするほどではなく、なにしろ味の違いが楽しめるのが嬉しい。




かき揚げにはプリプリの小海老がしっかり入っていた。
あと、やっぱり立ち食い蕎麦屋の春菊天は最強。


カレンダー

11 2014/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
パリッコ
性別:
男性
自己紹介:
色々やってますので詳しくは上のホームページをご覧下さい。
ここはランチ専用のブログです。

ブログ内検索

最新コメント

[05/15 宙]
[05/15 宙]
[04/14 パリッコ]
[04/11 宙]

最新TB

バーコード

アクセス解析

Copyright © わんこ・淫乱・血 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]保育士 ネット保険