忍者ブログ

わんこ・淫乱・血

500円以下で食べられる、ワンコインランチの可能性を探ります。 以前は「居酒屋メニューコレクション」というブログだったので、その頃の記事も残っています。

江古田・Instant Plus+ /ランチセット+グリーンカレー(450円)


先日、江古田の街を徘徊していると「缶詰でお酒が飲めてレトルトで食事ができる店」というキャッチフレーズを大きく掲げている店を見つけた。
面白そうだと思ったけどその時はタイミングが合わず、頭の中の後日行ってみようリストへ追加。
そして今日、行って来た。

膨大な種類のレトルトカレーと缶詰を取り揃えており、昼は食事、夜は加えて酒も飲めるらしい。
いくつかこんな感じの店を見たことはあるが、入るのは初めて。
ちょっと緊張しつつ、解放されていた入り口から店内へ。



テーブルが数卓とカウンターがあり、目の前には江古田駅のホームが見える。

店長さんに気付いてもらうと、すぐ簡単なシステムの説明があった。
「お昼は主に、壁に並んだレトルト食品から好きなものを選んで頂き、+250円でサラダとライス付きのランチとしてお出ししています」と。

さっそく店内を見回してみる。



大量のレトルトカレー(一部に牛丼、中華丼、親子丼などの具も)。
半分以上見たこともない、ご当地の珍しいもののようだ。



逆側には缶詰コーナー。
こちらは夜のつまみ向きかな。

そのバリエーションに圧倒されながらも、カレーを吟味する。
一部にはコンビニやスーパーでよく見るお馴染みのものもあり、「カリー屋カレー」や「カレー職人」などはほぼ定価の100円。
250円を足しても相当安上がりだ。

もちろん振り幅も広く、けっこう高価なブツも多い。





カレー好きとしてはどれも興味をそそられる。
松坂牛や飛騨牛を使ったカレーはもちろん食べてみたいし、三川赤鶏の「肉味噌カレー」ってのもうまそう。
「牡蠣カレー」の横に「柿カレー」を並べてあるところなんか、こういう店ならではの遊び心を感じる。
柿カレー、どんな味なんだろ…。

ただ今日はこの中から、大阪ハチ食品の「グリーンカレー」を選んだ。



こんなに色々ある中で、これ!
最大の決め手となったのは“値段”で、ずばり200円。

もちろんこのブログのテーマである“ワンコイン”を意識して、250円以下に限定してチョイスしたんだけど、これだけ色々と種類がある中で、こういうどこででも手に入りそうなアイテムを選ぶのは勇気がいった。
しかもお店のラインナップの中でもかなりの低価格商品。
店長さんへの「これにします」がすごく言いづらい。
だって自分が逆の立場だったら「もっと珍しいのあるのになー」って思うもん、多分。
はっきり言って、1000円とかの高級レトルトカレーを頼んで懐の痛みに耐える方が少しは楽だったかもしれないが、何はともあれ注文は完了。
もちろん店長さんは嫌な顔ひとつせず「はい、グリーンカレーですね!けっこう辛いですが大丈夫ですか?」とこちらの心配までしてくれた。



ほどなくしてスープとサラダが届く。
スープはワカメ、もやし、水菜、ベーコンと具沢山。
サラダも新鮮な野菜の上にコーンがたっぷりでうまい。



さらにカレーが到着。
もちろん温めてくれてあるので、見た目はもう普通の飯屋のランチだ。

量もたっぷりで、レトルトながらきちっと満足感を得られるようにという気遣いが嬉しい。
ワンコイン以下でタイカレーを食べられる店ってなかなか無いしね。



で、肝心のカレーだけど、そこはレトルトの、しかもお手頃商品、本場のグリーンカレーというよりは、“グリーンカレー風カレー”という感じ。
パッケージに“鶏肉とひよこ豆入り”とあったが、鶏肉はよっぽど細かくされてルーに溶けてしまったのか、あまり実感はされなかった。
ただカレーに入ってると嬉しくなるひよこ豆はちゃんとコロコロしてるし、トロッと煮込まれた玉ねぎなんかの旨味もあり、「これはこれで」って感じで美味しく頂けた。
自分がかなりの辛党ということもあるのか、辛味はさほど感じなかったな。


というわけで、面白いコンセプトで十分に満足感のあるお昼を過ごさせてもらえた、Instant Plus+。
より堪能するならば“少々値段は張っても珍しいカレーを選んでみる”か“最安100円のカレーを選んで食費を節約する”かどちらかの方がいいのかもしれない。

珍しい缶詰をつまみにあれこれ言いながら酒を飲むのは楽しいので、次は夜かな?


PR

池袋・楽釜製麺所/ぶっかけうどん 冷 並(260円)※定価290円


初めに断っておくが、今日のランチでとんでもない奇跡が起きた。

この出来事が原因で、今後自分に、何らかの天罰が下ることは間違いない。
とんでもない大外れのランチを引き当ててしまうか、いや、もっと不幸なことが起きてしまうかもしれない。
考えるだけで恐ろしいが、つまりそのくらい、ミラクルなランチだった。
ありのままに記しておこうと思う。


まず好きなうどんを注文し、その後セルフサービスで天ぷらなどのトッピングを選び清算する、いわゆる“さぬき方式”のうどん屋もすっかり関東に定着した。

最も貢献したのは平成12年に本場香川で創業した「はなまるうどん」だろうか?
かけうどんの“小”が100円(現在は130円)で食べられるという、本場に劣らぬスナック感覚は、世間に大変なインパクトを与えた。

次にそのクオリティの高さで店舗数を増やした「丸亀製麺」の1号店は、意外にもはなまると同じく平成12年、兵庫県にオープン。
この2店がやがて関東に進出し、自分もすっかりさぬき方式のうどんの恩恵に預かれるようになった。

それに対し、平成21年に新宿で産声を上げた「楽釜製麺所」には、池袋に進出した当初も正直“後追い感”を感じずにはいられなかった。
母体は「三光マーケティングフーズ」で、系列には「金の蔵Jr.」や「月の雫」「東京チカラめし」などがある。
どの店もなんとなく看板や店構えのテイストが似ているし、若干上品さに欠けるイメージもあった。

しかし、行ってみた。
そしたら、美味かった。
今挙げた店の中で一番好みだった。

楽釜製麺所のうどんは、3店の中では最も歯応えがある。
本場香川でうどんを食ったことがないので確証はないんだけど、この歯応えは、いわゆるさぬきうどんの“コシ”とは異なっていると思う。
単に固いというか、それこそ麺の固さで有名な“武蔵野うどん”とさぬきの中間のようなイメージで、しかしそこが自分は気に入った。
それ以来、手軽にさぬきっぽいうどんを食べようと思ったら、ほぼ楽釜製麺所にしか行かなくなった。
職場である池袋には3店舗ともあるのに。

最も良く頼むメニューは、冬場は“かけ”。
これは関西風の透明に近い優しい出汁を自分で注いで食べる。
夏場は“ぶっかけ”の冷。
こちらには麺つゆっぽい黒いツユがかかっていて、暑い時にはさっぱりと食べられていい。
トッピングで一番好きなのは“鶏天”だ。
しっかりと下味の付いた鶏肉に厚めの衣が頼もしく、それでも120円というお手頃価格が嬉しい。


で、いよいよ今日の出来事に言及していこう。

選んだのはぶっかけの冷、並。
値段は290円。
さらに、よくここに通っている自分は割引券を持っていた。
一回一回提出するタイプではなく、見せればいいだけのパスカード方式。
レジで手間取らないよう、これをあらかじめお盆の隅に乗せておく。



うどんを受け取り、トッピングの天ぷらやいなりなんかのサイドメニューコーナーはスルー。
レジ横で、天かす、ネギ、ゴマ、しょうがが入れ放題なので、今日はそれでいいやと思ったのだ。

レーンの上にお盆を滑らせながらレジへと近付き、入れ放題の天かすのバットを見たところで事件は起きた。

よくこういう天かすの中には、ただの衣だけじゃなく、どこからかやって来た野菜の破片なんかが紛れ込んだ“当たり天かす”が存在するのはご存知だろう。
我が目を疑った。
そう、まさに今日、自分は、かつてない規模の超大当たり天かすを目の当たりにしたのだ!

それはかき揚げの全ての具材を内包した、むしろ“かき揚げそのもの”と言ってしまってもいいシロモノだった。
しかしかき揚げ自体のバットは離れた位置にあって、隣だったからなんかの拍子にはみ出して落ちちゃった、とかいうことでないのは明白。
それに楽釜製麺所のかき揚げは、かなりでかい。
あらためて当たり天かすを観察すると、「これをかき揚げと呼んでしまっては本物のかき揚げに対して全く申し訳ない」という大きさだ。
これはやっぱり天かすなんだと、堂々と丼に取る。

それからネギやゴマをいつも通りによそい、レジへ。

お兄さんの「ありがとうございます!ぶっかけの並と、かき揚げですね〜!」の声に、狼狽する。

「あ、えっと、これは今そこから取ったやつで…」

恥ずかしい。
こんなケチくさい説明をしている自分が心底情けない。
がっついて当たり天かすなんて取るんじゃなかった。
そうだ、後の人たちのために残しておけば良かった。
自分よりも若い学生たちだってここは利用する。
そんな彼らがこの素晴らしい当たり天かすに出会えば、一生の思い出になるし、何らかの人生の糧にもなったはず…。

後悔の念がすごい。

冷静に考えれば、こうなることは容易に想像できた。
なんたって、自分がレジに提出したうどん、これだもん。



「これは何の写真?」と聞かれたら、日本人ならば100人が100人「かき揚げうどん」と答えるだろう。

しかし待て!楽釜製麺所のかき揚げはこれの3〜4倍はある。
店員ならその大きさでこれを瞬時に天かすと判断するべきじゃないのか!?
ほんの一秒くらいの間に様々な思索や逆恨みの言葉が頭を巡る。

しかしその瞬間、隣にいた揚げ場のお姉さんが救いの手を差し伸べてくれた。

「さっき大っきいかき揚げの破片が出ちゃったのよ〜」

心の底からの感謝とはこういう気持ちのことだろう。

「そうなんですか!失礼しました〜!」

となり、お会計が、30円引きにて、締めて260円。

一旦頭を切り替えないと箸を付けることもままならない今日のランチだが、良く考えると後に引きずるような問題ではない。
そう思い直して食べたら、いつも通り美味いうどんだった。
ごちそうさまでした。

しかしこんないい思いをしてしまった以上、天罰が下るのを免れるには、これからも楽釜製麺所に通い続ける以外に方法はないだろうな。
自分の楽釜びいきは続きそうだ。


池袋・いわもとQ/野菜たっぷりそば(430円)


通勤路の公園にある早咲きの桜が一気に二割ほど開花しているのに気が付いた3月25日。
5月並の陽気ということで、Tシャツの上にパーカーを羽織っているだけで暑く感じる。

冷たい蕎麦でも食べたいなと、春の陽気の中をなんとなく西口方面へ向かい、安くて美味い立ち食い系蕎麦チェーンの新興勢力としてすっかりと定着した「いわもとQ」に目的地を決めた。



野菜たっぷりそば(430円)

ここのところパーティや飲み会続きで身体が優しさを求めていたのか、初めて存在に気付いたこのメニューのボタンを迷わずプッシュ。

しっかりと角が立って歯応えの良いいわもとQの蕎麦は、さすが麺ボソボソ系のチェーンと違って「蕎麦を食っている」という実感が得られる。
まぁ、無性にボソボソとした蕎麦が食べたくなる日もあるんだけど。

よ〜く冷えたぶっかけ風のツユも、今日まさに求めていた感覚そのもので嬉しい。



珍しいのは“野菜たっぷり”の部分で、キャベツ、ニンジン、ネギ、モヤシをシャキシャキとした食感を残して油で炒めてある。
わかりやすく言えば、タンメン風の具で、煮込まれたような野菜を想像してたので意外だった。

まずは野菜炒め部分のみを口に運んでみると、驚いたことに無味。
いや、風味が全く無いとかではなく、塩味醤油味の類が一切付いていない。
それで熱々の野菜を冷たいツユの中に沈め、混ぜながら食べていくんだけど、するとその境目がぬるくなってなんだか勿体ないような気持ちになった。

野菜と麺の間には隠し味程度に揚げ玉が乗っていて、カラッと揚がった天ぷらも魅力のいわもとQのこと、いい味のアクセントになっている。
結局それがベストと判断して全体を混ぜながら食べ進むと、もう先ほどの“ぬるさ”は気にならなくなり、渾然一体となった麺と具が単純に美味かった。

野菜たっぷりと謳うだけあって、なかなか満足感のある一食だったなー。

池袋・生そば 玉川/天ぷらそば(380円)


昨年オープンした立ち食い系の蕎麦屋。
※しかしこの“立ち食い系”に変わる便利な言葉って無いかな?最近のこういう店は大概ちゃんとイスがあるので。

元々老舗っぽい「入船」という蕎麦屋があった場所で、今思えばその頃に一度でも行っておけば良かった。
興味がない店でも閉店してしまうと惜しいと思ってしまう、人間のエゴイズム。

ともあれこの新店、まず気になるのが、同じく昨年池袋東口にオープンした立ち食い系の「嵯峨谷」って店とやたら似ている。
平らな麺の形も似てれば具の構成も、さらには器の模様までそっくり。
手頃に生ビールなどが飲めるところも共通している。
母体が一緒なのか、どちらかがどちらかを参考にしたのか、わざわざ追求するほどではないけど、ちょっと気になる。

で、自分は嵯峨谷よりはこの玉川に行った回数が多い。
店の作り、ちょっと甘めのツユの方向性、それから何と言っても、独特の天ぷら(かき揚げ)が割と気に入っていたので。
“ひきたて 打ちたて ゆでたて”を謳う蕎麦自体は、型で押したような平麺で、とりたててどうこうという感じでもない。



天ぷらそば(380円)

ビールが写っているが、これはランチではなく、以前ササッと夕食を済ませて次の用事に向かわないといけなかった時に撮った写真なので悪しからず(言い訳くさいな…)。
なんでこの写真を先に上げたかも後述。

ちなみに生ビールは280円。
嵯峨谷はプレミアムモルツの生がなんと150円なので、そこを重視する向きにとっては嵯峨谷に軍配が上がるかな。

注目すべきは、フワフワと糸のように軽い衣が編み込んであるかのごとき不思議な仕上がりのかき揚げ。
かき揚げは自分の大好物のひとつだが、このタイプはちょっと珍しく、またこだわりも感じて気に入っていた。

これが届いた瞬間から、一秒一秒ツユに溶けてゆく。
かき揚げ蕎麦の醍醐味と言えばこの、モロモロとツユに溶けた衣でもあるが、ここのはとても極端で、2、3分もすると原型がなくなり、全体が何か独特のポタージュのようになってしまう。
個人的な好みは最後までサクッとした部分が少し残るくらいのかき揚げなんだけど、これはもう別物という感じで、そのまったり具合を楽しんでいた。

楽しんでいた、と、なぜさっきから過去形なのかというと、



天ぷらそば(380円)

今日行ったらどうしたことか!かき揚げがこんな野暮ったいルックスのものに変わっていた。
もったりとした、以前の絹のような面影は感じるべくもない、ごく一般的な立ち食い蕎麦屋のそれ。
もちろんこれはこれで美味いし、ツユに溶ける“モロモロ度”だけに注目すると他店より抜きん出てるんだけど、やっぱりあの独特さは感じられない。

偶然この時だけそうだったのか、それとも方向転換によるものなのか、前者だといいんだけどな。



一杯飲み屋のような、テコ入れとも捉えられるメニューが増えてたりするあたり、俗に言う“迷走”でないことを願いつつ、しばらくしたらまた様子を見に行ってみよう。
飲める店になること自体はいいんだけどね。


池袋・壬生/ぶっかけそば(490円)


店名である「壬生(みぶ)」よりもでっかく「なぜ 蕎麦にラー油を入れるのか。」と看板を掲げる蕎麦屋がある。
同じく池袋にある「カレーは飲み物。」と似たような語感、そして似たような素っ気ないゴシック体の文字。
お察しの通り、系列店だ。

はっきり言ってこのセンスには振り落とされる寸前だが、かと言ってすごくいい店だったら食わず嫌いで損をすることになる。
ものは試しと行ってみた。



すでに14時に近かったが、店内の席は8割方埋まっている。

入り口の券売機で食券を購入して店員さんに渡し、セルフサービスの冷たいそば茶を持って好きな席に着く。
しばし後「ぶっかけそばのお客様〜!」と声がかかった。



ぶっかけそば(490円)

ここは肉そば(大・中・小ともに750円)や、鶏そば(大・中・小ともに750円)などの“つけそば”が看板メニューらしく、虎ノ門にある立ち食いの超有名店「港屋」のインスパイア系と呼ばれる店だそうだ。
しかし今日は「肉っ気は別にいいや」て気分だったし、価格もワンコインに収まる気軽さだったのでこのメニューを選んでみた。

メニューの横には“並盛”の表記があったが、たっぷりの蕎麦の上に鰹節、海苔、ネギ、揚げ玉、ゴマが山となり、丼の座高を超えて盛り上がっている。

天地をひっくり返しながらガシガシと混ぜ(店内の壁におすすめの食べ方として貼ってある)、一口啜ると、まず驚かされるのはその麺の特殊さ。

固い!

これは間違いなく、自分がこれまで食ってきた蕎麦の中で一番固い!
強いて表現するなら、茹で足りてない冷麺って感じだろうか。
しかしそれが不快かというとそんなことはなく、二口目からはすでにその食感を楽しんでいた。
本当に茹で足りてない冷麺だったらとても食えたもんじゃないだろうから、絶妙なバランスの上に成り立っている麺なんだろう。

甘めのツユにラー油の辛味が加わり、それから各種の具と固い麺が渾然一体となり、暴力的とも言えるわかりやすい旨味が一口ごとにやってくる。
蕎麦自体の風味とかそういったものを味わわせようという気もさらさら感じず、蕎麦とラーメンの中間というか、これはもう新しいジャンルの麺類と考えた方がいいのかもしれない。



卓上にはサラサラとした見た目の揚げ玉と生卵が置いてあり、これはなんとフリー。
後で調べると、先述の港屋と同じ方式らしいが、とにかく太っ腹だ。

半分ほど食べたところで、この揚げ玉と生卵を投入し味を変える。
揚げ玉のサクサクとした食感が復活し、玉子は全体をマイルドにコーティング。



※食べかけの写真ですみません

ここにニンニクチップがたっぷりと入ったラー油をさらに追加したものだから、いよいよ何を食ってるんだかわからなくなってきた。
が、とにかくうまいということだけは間違いない。

麺と具を食べ切ると、丼の底に隠れていたツユがやっと顔を出す。
これにセルフで約同量のそば湯を足し、指示書き通りに横の鰹節粉末を振って飲んでみると、これはもう、ほぼ魚介系ラーメンスープだ。
思わず最後まで飲み干した。

価格に対して満足度が非常に高く、また行きたくなるのは確実だと思う。
今度はもっとお腹を空かせて行って、肉そばなんかにも挑戦してみたいな。

「なぜ 蕎麦にラー油を入れるのか。」そんな奇をてらったキャッチフレーズも、TVの内輪ネタでは笑えないけど身内の内輪ネタは面白い、みたいな感覚で、店を出る時には好ましく見れるまでになっていた。


カレンダー

03 2014/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

プロフィール

HN:
パリッコ
性別:
男性
自己紹介:
色々やってますので詳しくは上のホームページをご覧下さい。
ここはランチ専用のブログです。

ブログ内検索

最新コメント

[05/15 宙]
[05/15 宙]
[04/14 パリッコ]
[04/11 宙]

最新TB

バーコード

アクセス解析

Copyright © わんこ・淫乱・血 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]携帯電話 テナント