忍者ブログ

わんこ・淫乱・血

500円以下(税別)で食べられる、ワンコインランチの可能性を探ります。 以前は「居酒屋メニューコレクション」というブログだったので、その頃の記事も残っています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

池袋・大福來 /サービスランチセット マーボ豆腐(500円)


イオさんが東京に出てきており、ランチのお誘いがあったので乗る。

池袋まで来てもらっておきながら、「今ワンコインランチに凝っているので、それが無い店には行けませんよ?」とまず断る。
了承を得て希望を聞くと「お腹はけっこう減ってるのでボリュームはある方が良くて、あとは座れる店がいい」ということだったので、なんとなく思い付いたここへ来てみた。



近くで数年間働いてるけど、入るのは初めて。

ボウリングやバッティングセンターといったアミューズメント施設が集まったビルの三階にあり、二階のゲーセンの片隅にこの大仰な入り口がある。

入店するなりものすごい勢いで「1000円のバイキングでいいですか?すぐ食べられる!」と聞かれ、少したじろぎながらも「いや、普通のランチで」と。
見ると一画に何十皿もの料理がずらっと並んでいて、なるほど、ここの売りはこの食べ放題の中華バイキングらしい。



内装はオーソドックスな中華料理屋。
昼時にも関わらずかなり広い店内は客もまばらで、これは特殊な立地のせいもあるのかもしれない。

ランチのセットメニューは十数種あるが、ワンコインに収まるのは“マーボ豆腐”と“アサリと玉子炒め”の二つだった。



サービスランチセット マーボ豆腐(500円)

こちらを選択。
これだけの内容で500円はなかなかお得感がある。

麻婆豆腐とご飯の他に、はるさめや野菜中心の餡が入ったおだやかな味の春巻、豆腐と玉子のスープ、佃煮っぽいこんぶ、杏仁豆腐。
書き出してみると豆腐率が高いな。

で、肝心の麻婆豆腐だが、かなり甘めの味付けで、しかし辛味もしっかりとある。
これは唐辛子系の辛味で、花椒的な風味は無し。
外の看板に“台湾・広東料理”とあったが、こういうのが四川ではなく広東風というのかな。
塩っ気が薄くて、なんだかご飯に合うような合わないような、うまく説明できない不思議な味だった。

イオさんは650円くらいのレバニラ定食を食っていたので「どうすか?」と聞いてみると「クセが無くてうまいっすよ」とのこと。

とにかく慌ただしい雰囲気が皆無でのんびりできるのは魅力。
またそのうち別のメニューを試しに来てみようかな。




PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
パリッコ
性別:
男性
自己紹介:
色々やってますので詳しくは上のホームページをご覧下さい。
ここはランチ専用のブログです。

ブログ内検索

最新コメント

[05/15 宙]
[05/15 宙]
[04/14 パリッコ]
[04/11 宙]

最新TB

バーコード

アクセス解析

Copyright © わんこ・淫乱・血 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]